東京・大阪のパーソナルトレーニングの求人なら|Dr.トレーニング

ブログBlog

パーソナルトレーナーを目指す上で資格は必要なのか

こんにちは!

人事部の木村です。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます!

私は専門学校を20歳で卒業後フィットネスクラブにてスタジオレッスンの担当やフィットネストレーナーとして勤務。

現在は人事として各学校での説明会や社内研修・採用担当をしております。

すでに業界歴も10年を超え少しずつトレーナーを目指す皆さんに向けて

少しでも有益な情報のご提供ができればと思います!

それでは今回のテーマはこちら!!

「パーソナルトレーナーを目指す上で資格は必要なのか」

実際に説明会や面談の際に、よく聞かれる質問でしたので気になる人は最後までご覧いただけると嬉しいです。

1:結論

まずは【結論】から言うと「場合による」というのが正直なところです。

少なくとも弊社のように研修制度が充実しており、無資格から一流を目指せる会社であれば問題ないです。

ただ資格を持っていないと活動ができない現場もあることは理解をしておくことは非常に重要です。

パーソナルトレーナー業界であれば、個人事業でスポーツクラブと契約を結ぶ場合や研修が整っていないパーソナルトレーナーの企業は特に必要な要素です。

 

そしてプロスポーツや部活動などの「スポーツ現場」に入るのであれば尚更必要です。

そもそも資格を持っていなければベンチに入ることは愚か帯同の契約をすることすら出来ません。

 

そのため、NSCA・NASM・NESTA・JATI・JSPOが発効している権威性の高い資格を取得することをおすすめします。

ちなみ弊社が運営するDr.トレーニングSchoolでは、NSCA-CPTの資格を取得を目指すことができるコースが有り、本人の希望に応じて弊社の入社試験に進んで頂くことが可能です!

 

2:資格の優位性

そもそも考えていただきたいのは「なぜ資格が必要なのか」ということです。

私自身資格取得に必要なカリキュラムの講師をしていたので、これだけは伝えておきたいと思います。

「資格取得=一人前」ではないということです。

申しわけないですがこれは120%言えます。

 

なぜならば「資格=資格団体の定める必要な知識・技術を有している」という勉強してきたことの証明だからです。

 

パーソナルトレーナーとして資格取得はスタートラインに過ぎません。

 

重要なことは資格取得に向けて学んできた知識・技術を目のクライアントに還元し、結果・成果につなげ効果的かつ効率的なプロセスを描くことができるかという臨床経験を通じた「知恵」に変えていくことです。

だからこそ資格の優位性は非常に大きいものです。

皆さんがお客様だったらと考えてください。答えは明白ですよね?!

 

皆さんの価値を鮮明に表現するためにも、自分が宝物を有していることを「資格」というところから表現してくださいね!

 

Dr.トレーニングでは世界に通用するパーソナルトレーナー/セミパーソナルトレーナーの育成をしていくために、こういった物事の考え方を研修で行っています!

ちなみに弊社代表山口元紀のYou Tubeもチャンネルにもヒントが隠されているので登録お願いいたします!(→リンクはこちら

そして新卒・中途採用説明会を開催することとなりました!

毎年多くの方にご応募いただき、埋まりやすいのでお早めにお申し込みください!!

弊社では東京・大阪にてパーソナルトレーナーを志す方々の募集をしております。

随時採用ページのLINEより応募・エントリーお待ちしております!

https://drtraining-recruit.jp/inquiry/

また株式会社Dr.TRAINING人採用専用のInstagramアカウントを開設しました!

リンクより、アクセス&フォローをお待ちしてます!(リンク

皆さんのご応募お待ちしてます!

募集店舗はこちらから:https://job-medley.com/facility/329302/

その他店舗もパーソナルトレーナーの求人公開をしておりますので、検索・参照してください。


■Dr.トレーニング
パーソナルトレーナー求人専門

ジム見学・資料請求無料
まずはお気軽にお問い合わせください!

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-30-1 シーズ代官山 1F

TEL:03-6303-3019
>Dr.トレーニングへのお問い合わせはこちら

会社紹介・理念 よくあるご質問 ブログ
会社紹介 会社紹介 募集要項 募集要項 LINEで簡単エントリー LINEで簡単エントリー